やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

最後の選択 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケリーと祖父は、羊牧場メアリアンパークの敷地内に住んでいる。持ち主のヘンリー・ロイドと祖父は親友で、何十年も前に土地の一部を譲り受けたのだ。だが、法的手続きはとっていなかった。そのためヘンリーが急死すると、メアリアンパークを買った男が立ち退きを迫ってきた。そんな折も折、ケリーは物理療法士としてその男ジャスティンの治療に出向くことになった。この機会を利用して、祖父の土地を守らなくては!彼と対面したとたん、ケリーは野性的な魅力に一瞬ひるんだ。前にどこかで会ったような気がする…そんなはずないのに。

内容(「MARC」データベースより)
ケリーと祖父は、羊牧場メアリアンパークの敷地内に住んでいる。だが、持ち主のヘンリーが急死すると、その土地を買った男が立ち退きを迫ってきた。そんな折、ケリーは物理療法士としてその男ジャスティンの治療に出向く-。

妹と恋人の間 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デイジーはイギリスの田舎にあるハミルトン家の家政婦の娘。ハミルトン家の息子マットとは兄妹のように育った。十歳上のマットは、デイジーにとってあこがれの王子さまだった。彼は大学入学とともに家を離れ、卒業後もニューヨークに住んで、今は実業家として成功している。一年半前、マットは家族に黙って人気ロックシンガーと電撃結婚したが、半年前に彼の妻は生後間もない娘を残して事故死した。そのマットが娘を連れてクリスマスに帰ってきた。胸を高鳴らせて彼を迎えたデイジーだったが、以前と違ってよそよそしい彼の態度にとまどうばかりだ。けれども子供扱いされるのは相変わらず。私は十八歳、もう大人よ。あなたを誘惑してそれを証明してみせる。

内容(「MARC」データベースより)
デイジーはハミルトン家の息子マットと兄妹のように育った。マットはデイジーの憧れだった。マットは実家を離れ、ニューヨークで暮らしていたが、久々に帰ってくる。しかし、マットのよそよそしい態度にデイジーはとまどう…。

青ざめた月 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナターシャは、結婚式を目前に控えたいとこのエマからとんでもない頼みを押しつけられた。今夜のパーティで、ナターシャにエマのドレスを着てもらいたい、これには深いわけがあってどうしても、というのだ。胸と背中が大きくあいた黒のミニ・ドレスは挑発的で慎み深いナターシャにとって、いたたまれないほどのものだった。実際パーティでは、男性の執拗な視線がどこまでもついてきた。ルーク・テンプルコームもその中の一人―彼はナターシャが経験豊かで遊び好きの女性と勘違いして月明かりの下、逃げる彼女を熱い口づけで追いつめた。

内容(「MARC」データベースより)
無理やり大胆なミニ・ドレスを着せられてパーティーに出たナターシャ。男性の執拗な視線がどこまでもついてくる。なかでもルークは、ナターシャが経験豊かで遊び好きの女だと勘違いして、しつこく追いかけてくるのだ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

青ざめた月 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナターシャは、結婚式を目前に控えたいとこのエマからとんでもない頼みを押しつけられた。今夜のパーティで、ナターシャにエマのドレスを着てもらいたい、これには深いわけがあってどうしても、というのだ。胸と背中が大きくあいた黒のミニ・ドレスは挑発的で慎み深いナターシャにとって、いたたまれないほどのものだった。実際パーティでは、男性の執拗な視線がどこまでもついてきた。ルーク・テンプルコームもその中の一人―彼はナターシャが経験豊かで遊び好きの女性と勘違いして月明かりの下、逃げる彼女を熱い口づけで追いつめた。

内容(「MARC」データベースより)
無理やり大胆なミニ・ドレスを着せられてパーティーに出たナターシャ。男性の執拗な視線がどこまでもついてくる。なかでもルークは、ナターシャが経験豊かで遊び好きの女だと勘違いして、しつこく追いかけてくるのだ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

熱砂に燃えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
写真家としてアラブに取材に行った兄が、反政府組織に誘拐された!その知らせを受けたクリスティ・ダルトンは、兄の救出に力を貸してくれそうな人物に接触を試みた。シーク・シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエド。国際的実業家としてその名を知られたサウジアラビア人だ。だがクリスティには、彼の魅力的で洗練された外見の下に、冷酷非情な顔が潜んでいるように思えてならない。事実、クリスティの必死の懇願も、なんの効果もなかった。そこで彼女はシャリフの不利になる情報を切り札としてちらつかせ、彼と一緒にアラブに行く保証を取りつける。しかし彼の国では、未婚女性は友人とはみなされず、妻か、あるいは愛人を装わなくてはならないという…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で二人とも生涯の伴侶を得たというロマンスの主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛の島 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フランチェスカ・ドルリーは、その輝くような美しさゆえに、たびたび義兄の会社のため、客をもてなすホステス役を務めさせられてきた。義兄はフランチェスカを“我が社の秘密兵器”と呼び、ドレス・アップさせて顧客とのディナーやパーティーに連れ回す。両親の死後、ずっと面倒を見てくれた義兄でも、もう我慢できない。だが、そんな彼女の気持は、義兄に連れていかれたカジノでまた無視された。義兄は賭に負けた代償にフランチェスカをさし出したのだ。危険な魅力を持つ男、マクシミリアン・ドネリに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。少女のころから書くことが大好きで、早くからラヴ・ストーリーを書いていた。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

一番すてきな結婚式 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ウエディング・コンサルタントのケイトリンは二十八歳。ビジネスも軌道に乗りはじめ、恋人との仲も順調だ。ある日、結婚式の前に教会内の最終チェックをしているとき、彼女は参列者の中に一人の男性の姿を認めた。ペン・コールドウェル。かつて町の人々は―そして彼女自身も、ペンとケイトリンは遠からず結婚するものと信じていた。だが十年前のあの悲劇のあと、彼は放浪の旅に出てしまったのだ。「昔のよしみで踊ってくれないか、子猫ちゃん」式後のパーティで、かつての呼び名でダンスに誘われ、ケイトリンの心はあやしく揺れた。

悪夢の終わりに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
燃え盛る炎。煙が立ち込めて息もできない。「助けて!」入院中のニコラは、そんな恐ろしい夢に毎晩うなされていた。ある晩、家が突然炎に包まれ、たった一人の家族である父親は間一髪のところで娘を助け出し、自らは命を落としてしまったのだ。すべてのものが焼き尽くされ、ニコラは何もかも失った。あの火事の原因が、父の放火だなんて…。心に深い傷を負った彼女を心配して、父親の友人でもある医師が長い間音信不通だった彼女の叔母を捜し出してくれた。ところが病室に現れたのは、叔母の代理だという男性だった。「僕と一緒にアメリカへ行くんだ。義母は君を引き取りたがっている」贅沢な身なり、冷たく端整な顔立ち、そびえるような長身。ニコラは一瞬にして悟った。私はこの人から逃れられない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルソン,パトリシア
ずっとヨークシャーで暮らしていたが、子供たちが成長すると教職を辞して夫とともにスペインへ長い旅に出た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

信頼のあかし (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リンがイスラエルのキブツにやってきて六ヵ月がたった。今まで裕福な家庭で何不自由なく暮らしていたのが、父親に愛人ができたことで両親は離婚、家庭は崩壊してしまった。傷ついた心をかかえ、何かを求めてイギリスを飛び出したものの、状況は何も変わらず、ただ毎日をむなしく過ごすばかりだ。そんなとき、モーガン・フレンチと名乗る男性がキブツを訪れ、父親から預かってきた手紙をリンに手渡した。それによると、母親までも娘を捨てて再婚したというのだ。信じられない思いで、帰国に同意したリンはさらに驚いた。一ヵ月もかけて船で帰るなんて…それもモーガンと一緒に。

内容(「MARC」データベースより)
リンがイスラエルにきて6カ月。裕福な家庭で何不自由なく暮らしていたのが、父に愛人ができて両親は離婚、そして母までも再婚。そんなとき、モーガンという男が父からの手紙をリンにわたしにきた。帰国に同意すると船でいっしょに帰ることになり…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

愛の勝利 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マディは離婚した前夫ウエストの母ローラから久しぶりに電話を受け、重い足どりで約束の場所に出向いた。ウエストは有名なF1レーサーだったが、五カ月前のカーレース中に事故に遭い、重傷を負っていた。事故のことは知っていたが、もう彼のもとへ戻るつもりはない。離婚後は過去を忘れるために理学療法士の仕事に没頭してきたのだ。いったい、おかあさまは今さらなんの用で電話をしてきたのかしら?いぶかるマディにローラは、事故以来かたくなに治療を拒むウエストの容体を話し、彼の看護をしてくれるよう泣きついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェントワース,サリー
イギリス生まれでずっと生まれ故郷の町に住み、そこで結婚し、子供は1人。作品の構想をたててから、執筆の前にいろいろ調べるのが、書く以上に好き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo IIS設定備忘録ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo よい街、品川ooo 新鮮 魚料理を食すooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉市のプール一覧ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 渋谷ぶらりooo おいしいくだものメニューooo ビバ!プリプレスooo 和菓子de千葉はんなりooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo 天国的お魚の道@千葉ooo