やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

結婚はビジネス? (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アヴィーナは、一族が経営する会社で働いている。彼女の会社は今、大資本のコングロマリット―ランカスター・グループの関連会社と取り引きしようと懸命だ。仕事を得ようとやっきになっている義兄たちに説得され、関連会社の新社屋オープニング・パーティーに出席したところ、アヴィーナは尊大な雰囲気に満ちた黒髪の男に目を奪われた。その男こそ、巨大グループ企業を率いるナイル・ランカスターだった。なぜかナイルが興味を示し、じきじきに会いたがったので、アヴィーナはおびえ、あわててパーティー会場から逃げだしてしまった。だが、ほどなくナイルはアヴィーナの前にふたたび現れ、彼女をバージンだときめつけたうえ、最初の相手にしてほしいと言った。なんて厚かましい人!あなたとは今後いっさい関わり合いたくないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スティール,ジェシカ
イングランド中部の田舎に、七人兄弟の六番目に生まれた。公務員として働きながら小説を書き始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

すてきな暴君 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
休暇をロンドンのおばの家で過ごしていたジュリアは、一ヵ月ぶりに愛する我が家アンバーミアに戻ってきた。アンバーミアは格式の高い旧家で、彼女は屋敷とその伝統を受け継いで守っていくことに大きな誇りを抱いていた。だがジュリアを待っていたのは、父の破産という衝撃的な話だった。この屋敷も土地もすべて売り払わなければならないという。しかも買い手は、何かと評判の悪いギリシア人実業家のアレクサンドロス・コンスタンティスらしい。彼と顔を合わせた瞬間ジュリアはびっくりした。さっき私がジプシーと間違えた礼儀知らずな男じゃないの。

愛の勝利 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マディは離婚した前夫ウエストの母ローラから久しぶりに電話を受け、重い足どりで約束の場所に出向いた。ウエストは有名なF1レーサーだったが、五カ月前のカーレース中に事故に遭い、重傷を負っていた。事故のことは知っていたが、もう彼のもとへ戻るつもりはない。離婚後は過去を忘れるために理学療法士の仕事に没頭してきたのだ。いったい、おかあさまは今さらなんの用で電話をしてきたのかしら?いぶかるマディにローラは、事故以来かたくなに治療を拒むウエストの容体を話し、彼の看護をしてくれるよう泣きついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェントワース,サリー
イギリス生まれでずっと生まれ故郷の町に住み、そこで結婚し、子供は1人。作品の構想をたててから、執筆の前にいろいろ調べるのが、書く以上に好き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛の試み (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャシーはブラッドベリー・ヘラルドの敏腕記者。特集記事を担当するばりばりのキャリアウーマンで、皆に好かれ、前の編集長ハロルド・リースにもかわいがられていた。しかしハロルドが引退し、後継者としてその息子ジョーダンが来ると状況は一変してしまった。彼は世界的に有名なジャーナリストで、温厚な父親とは正反対の厳しい人物。どうも私とは相性が悪そうだわ、キャシーは思った。彼に名前を呼ばれただけで足がすくみ、体が震えてしまうなんて、これから先が思いやられる。いったいどうしたらいいかしら。

祭りの夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南スペインで映画『危険な真夜中』のロケが行われていた。監督のセブ・コーベルは数々の賞を受賞した実力派で、スタッフも優秀なはずなのに、なぜか撮影中に事故が続発する。何人ものスタント・ガールが仕事をおり、結局、最高のプロであるジョーのところに破格のギャラで出演依頼がきた。彼女は本当は気が進まなかった。主演女優のアンナ・ベスと以前仕事をしたとき、いやな思いをさせられたからだ。だがジョーにはある事情があって、どうしても大金が必要だった。ロケ地に着いたとたん、ジョーは監督セブの強い個性に圧倒された。なんだか悪い予感がする…。

ひと夏の契約 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「協力し合うんだ。結婚を前提につき合っているとみんなに思わせる」ティールの言葉に、ジュリーは自分の耳を疑った。彼は本気で、三カ月間恋人のふりをしようと申し出ているの?確かに、ふたりは同じ問題を抱えている。ジュリーは離婚してから男性たちに追いかけ回され、一方弁護士のティールは妻と死別後女性たちにつきまとわれてばかり。でも、こんな契約を交わして世間の目を欺こうなんて。まだ八歳にしかならないふたりのそれぞれの息子、ダニーとスコットを傷つける結果にならなければいいけれど。それでもジュリーは合意の印に、彼が差し出した手を握った。こんな話に乗るなんて、私はどうかしているわ。

内容(「MARC」データベースより)
離婚したジュリーと、妻を亡くしたティール。異性から追いかけ回されるという同じ問題を抱える2人は、恋人のふりをして世間の眼を欺こうとする。契約を交したものの、ジュリーは息子を傷つけてしまわないかと心配する。

悲しみを愛に変えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その日の朝、ホテルのテラスで出会った無礼な態度の男が、エドワード・カーライルだと知って、ジュリエットは茫然とした。彼は二カ月前に亡くなったカーライル不動産の社長の長男で、遺産として会社の経営権を五十パーセント受け継いでいる。残りの権利は社長の個人秘書だったジュリエットが譲り受けた。だが、エドワードの承諾なしには何も決定できないのに、国際的ホテルチェーンの社長である彼は、会おうともしない。ジュリエットは仕方なく、エドワードがこのホテルに来るという情報を頼りに捜していたのだ。彼はわたしが誰か知ったうえで、不意をつく機会を狙っていたんだわ。でも、こんな魅力的な男性だとは…。そのとき、彼女の心に七年前の悪夢のような出来事がよみがえった。

内容(「MARC」データベースより)
ホテルのテラスで出会った無礼な男がエドワード・カーライルと知って、ジュリエットは茫然とした。カーライル不動産の社長が亡くなり、社長の長男である彼と個人秘書だった彼女が会社の経営権を半分ずつ受け継いでいた。

偽りの結婚指輪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夜間のフランス語のクラスから帰る途中、ハナはクラスの男に迫られ、走っている車から飛びおりて、ようやく家に逃げ帰った。夫のイーサンも、ハナのひどい格好を見て、顔色を変える。もともとハナは、弁護士であるイーサンの屋敷の子守りだった。子供たちの母親キャサリンは数年前に落馬事故で世を去っていて、愛情に飢えた子供たちが献身的なハナに心を開くのを見たイーサンが、わが子のために形だけの結婚を申しこんだのだ。彼の提案は、イーサンをひそかに恋していたハナにはショックだった。しかし子供たちのことを思い、ハナは結婚の同意書にサインをした。彼の気持ちは、亡き妻の思い出とともにあるんだわ。フランス語の勉強も、愛情のない結婚生活の中で自分を救うため…。だがこの事件以後、ハナを見るイーサンの目に変化が表れた。

内容(「MARC」データベースより)
夜間のフランス語のクラスから帰る途中、ハナはクラスの男に迫られ、走っている車から飛びおり、家に逃げ帰る。わが子のために形だけの結婚をした夫のイーサンだったが、この事件以来ハナを見るイーサンの目に変化が表れた…。

緑匂う風 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エルスペスはロンドンの銀行に勤めるキャリア・ウーマン。結婚を前提につきあう恋人とも共通点が多く、完璧とまではいかないが、今の生活にも満足している。そんなとき、突然田舎の両親が旅行に出かけると言い出したのでエルスペスはあわてた。チェシャーの農場は誰が管理するのだろう?両親が始めた有機栽培は評判もよく、収益が上がっているからだ。ところが母親は、カーターに頼むから心配はいらないと言う。彼はエルスペスの従兄で、将来のために有機栽培を勉強中らしい。もしかしたら、カーターは両親の事業を乗っ取る気かも…?エルスペスは心配のあまり、休暇をとって彼を監視することにした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
チェシャーに住む主婦作家。結婚後しばらく大手銀行で働いていたが、現在は家庭で執筆に励む毎日(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誘惑の代償 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベスは男性を軽蔑していた。母や姉の不幸な顛末を見てきたために。けれど、女としての生はまっとうしたいと考えていた。夫は必要ないけれど、自分の子供はほしい。そこで彼女は大胆な計画を思いつく。パーティに紛れ込んで男性を誘惑する―もちろん初めての経験だ。身元が割れないよう、アパートメントも車も偽名で借りて会場へ。「ご一緒してもよろしい?退屈していらっしゃるようでしたので」声をかけた男は健康そうで、思い描いていた父親像にぴったりだ。計画は見事成功した。ただ予想外なのは甘く熱い夜だったこと。もう二度と会わないわ。ベスは眠っている男を残し、部屋を出た。だが二人は、思いがけない場所で再会する運命にあったのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイザー,アン
イングランド北部の町に生まれ、現在二児の母。自分が読みたいと思うような物語を書く、というのが彼女の信念である。ハーレクイン・ロマンスに登場する前から作家として活躍していたが、このシリーズによって、一躍国際的な名声を得た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 千葉市のプール一覧ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo 千葉県の民俗・風俗ooo 性病検査キットooo 千葉の醤油ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo デジモク-DIGIMOKU-ooo AKIBA-JUNKooo 千葉スポーツ施設MAPooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo ハロー!江東区!ooo 中野区居住化計画ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 千葉のショッピングモールooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 新聞を読もう!ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo