やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

愛の勝利 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マディは離婚した前夫ウエストの母ローラから久しぶりに電話を受け、重い足どりで約束の場所に出向いた。ウエストは有名なF1レーサーだったが、五カ月前のカーレース中に事故に遭い、重傷を負っていた。事故のことは知っていたが、もう彼のもとへ戻るつもりはない。離婚後は過去を忘れるために理学療法士の仕事に没頭してきたのだ。いったい、おかあさまは今さらなんの用で電話をしてきたのかしら?いぶかるマディにローラは、事故以来かたくなに治療を拒むウエストの容体を話し、彼の看護をしてくれるよう泣きついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェントワース,サリー
イギリス生まれでずっと生まれ故郷の町に住み、そこで結婚し、子供は1人。作品の構想をたててから、執筆の前にいろいろ調べるのが、書く以上に好き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

憂鬱な花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ついにこの日がきてしまった。今日は私の結婚式…。だが、ソフィアは幸せどころか憂鬱でしかたがなかった。なぜなら、おなかの子の父であるゴドフリーと結婚するのではなく、その弟のジョナサンと結婚しなくてはならないからだ。しかも、彼は、兄の死の床で交わした約束を守ろうとしているにすぎない。ゴドフリーの子供に幸せな生活を与えるための便宜的な結婚だ。ゴドフリーはあんなに穏やかで優しかったのに、ジョナサンは無愛想で、ただ威圧的なだけ。彼の前に出ると心臓は不安に速くなり、何を言うにも口ごもってしまう。でも彼は約束してくれた。結婚は形だけで、落ち着いたら離婚すると。それなのに誓いのキスは長いし、瞳の奥には情熱を秘めたきらめきが…。

内容(「MARC」データベースより)
今日はソフィアの結婚式。相手は、おなかの子の父親であるゴドフリーではなく、その弟のジョナサンだ。ジョナサンは、子供に幸せな生活を与えるという、兄の死の床で交わした約束を守ろうとしているだけのはずなのに…。

セカンド・ラブ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が十年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。だが、今日ついに退社を決意した。突然イアンから婚約したことを告げられたのだ。その上、彼のフィアンセに侮辱され、別の仕事を探すよう言われた。傷心のセイラは、ロンドンを離れ、両親の住む、懐かしい故郷へと車を走らせる。家にたどり着いてみると、両親のいる気配はまるでなく、玄関の前に止まっていた車から見知らぬ男が降り立った。「君、セイラだね」背の高い、泥だらけの男は言った…。

内容(「MARC」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が10年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。しかし彼に婚約したことを告げられ、彼女は職を辞し故郷へと帰ることを決意する。両親の家に着くと、彼女を待ちうける1人の男性がいた…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

渦にのまれて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カービーは十カ月前に交通事故で夫を亡くし、二十四歳にして未亡人になってしまった。あまりに突然の出来事だったので、いまだにショックから立ち直れずにいた。ある日、友人がカービーを元気づけるためにパーティを開いてくれることになった。あまり気が進まなかったが、しぶしぶ出かけていくと思いがけない人物に再会する。かつての憧れの人で、六年前に手痛い仕打ちをしたデーミアンだ。カービーの胸に苦い思い出がよみがえる…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
カー,マドレイン
南アフリカ生まれ。大学に入るために初めてイギリスの地を踏み、以来イタリア、スペインなどさまざまな国に住んだ経験がある。十日間で書き上げたというデビュー作“Aquamarine”(原題)が出版社に採用され、初めてロンドンを訪れた。現在は、夫と三人の子供と共に、再び南アフリカで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

結婚の意味 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
弁護士のリゼットは、新しいクライアントに会った瞬間、ショックを受け、自分が無防備な小動物になったように思った。まさか、あのジェイク・ホリングスワースが…信じられない。三年前に初めて会った時、彼は敵愾心をむきだしにした。家が貧しくてレストランでアルバイトしていたリゼットは、そこでジェイクの父アダムに出会い、やがて請われて結婚したのだ。アダムは不治の病にかかって、余命いくばくもなく、経済的な援助を条件とした契約結婚だった。他界したアダムの遺産の権利を放棄したにもかかわらず、ジェイクの態度は和らがなかった。彼は当時と少しも変わっていない。

内容(「MARC」データベースより)
弁護士のリゼットは新しいクライアントに会った瞬間にショックを受けた。彼はリゼットが以前、経済的な援助を受けるという条件で契約結婚したアダムの息子ジェイクだった。リゼットは間もなく他界したアダムの遺産を放棄したが、ジェイクの態度は冷たかった。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

ルシールの夏 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
映画女優として人気急上昇中の従姉シャニの付き人としてルシールはクイーン・エリザベス号でエジプトに向かった。どうしてもエジプトに行きたかったのでわがままな従姉の酷使にも耐え、共演男優タレック・ホークの秘書役まで引き受けて航海の間もまめまめしく働いた。それなのにリオに寄港中、彼女がタレックとカーニバルを見物して戻ると、シャニが火のように怒り、くびにすると言い出した。

内容(「MARC」データベースより)
映画女優として人気急上昇中の従姉シャニの付き人として、ルシールはエジプトに向かった。ルシールは従姉の酷使に耐えていたが、共演男優とカーニバルを見物して戻るとシャニは怒り、くびにすると言い出した。79年刊の再刊。

熱い胸騒ぎ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナディーンはトップモデルからの転身の道を探ろうとモーニングショーの司会者のオーディションを受けにテレビ局を訪れた。偶然、局の玄関でトーク番組に出演していたショーンと再会し、動揺を隠してさりげなく彼と言葉を交わしたあと別れた。ショーンは映画プロデューサーで、かつてナディーンの夫だった人。相変わらず魅力的だが、久しぶりに見る顔はどこかやつれていた。離婚して一年、もう心の傷は癒えたと思っていたのに…。その後彼の映画会社が経営困難に陥っているという噂を耳にし、さらに彼がつき合っている女優と結婚するらしいと聞いて新たな衝撃を受けたナディーンは気分転換に南の島へ行こうと思い立つ。しかし出発の日、ショーンが行方不明だという知らせが入った。

内容(「MARC」データベースより)
ナディーンはトップモデルからの転身の道を探ろうと、モーニングショーの司会者のオーディションを受けにテレビ局を訪れた。偶然、局の玄関でトーク番組に出演していたショーンと再会し、彼と言葉を交わしたあと別れたが…。

誓いに薔薇の花びら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
母が再婚する―その知らせを聞いてスーザンの胸にわいた喜びは、すぐにショックに押しつぶされた。再婚相手がスローンの父親だとわかったからだ。スローンとはつい三週間前まで一緒に暮らし、結婚の約束まで交わしていたが、自分から一方的に別れを告げた。別れる理由を彼にもはっきり説明しないまま、別れたことを母にも打ち明けられないまま、こんなことになるなんて…。しかも、結婚式はこの週末。親たちはスーザンとスローンの立ち会いを望んでいる。母の晴れの日を台なしにしたくないばかりにスーザンはスローンの提案を受け入れ、母たちの前で婚約中の幸せなカップルを演じることにした。

内容(「MARC」データベースより)
母が再婚する-。その知らせを聞いてスーザンの胸にわいた喜びは、すぐにショックに押しつぶされた。再婚相手がスローンの父親だとわかったからだ。スローンとはかつて結婚の約束までしていながら別れていたのだ…。

あの幸せな日々に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オーストラリアとニュージーランドでの講演旅行を終え、フィレンツェの自宅に帰り着いたベン・スコルチェーゼは、郵便物の中にキャスからの手紙を見つけた。乱れた筆跡でフィレンツェに来ている、至急会いたい、とある。キャス―父が再婚相手との間にもうけた一人娘。ベンの義妹だ。だがベンの彼女への愛情は、妹に寄せるようなものではなかった。強烈に惹かれるのをどうしようもない。それはキャスも同じはず。だから彼女に近づかないようにしているのだが…。四年前にキャスは、父親のお気に入りのロジャーと結婚した。夫との間に何か持ち上がったのだろうか。

内容(「MARC」データベースより)
講演旅行を終えフィレンツェの自宅に戻ったベンは、4年前にロジャーと結婚した義妹のキャスから「至急会いたい」という手紙を受け取る。キャスに妹以上の感情を持っているベンは、彼女に近づかないようにしてきたのだが…。

伝説の愛の鳥 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼い頃、養女に出されたキャンデイス・ヒュームは、不幸な子供時代を過ごし、愛情に飢えた生活を送ってきた。今は企業の資料室の司書として、ひとりで生活している。仕事柄、唯一の肉親で父親違いの妹のことを知った彼女は、富豪の養女になった妹ステファニーに会いたい一心で、南太平洋に浮かぶ島ファライシにやってきた。運よく土産物の市で、ステファニーの一行をすぐ近くに見つけ、キャンデイスは、とっさにめまいに襲われたふりをした。「しゃがんで顔を伏せろ!」命令調の厳しい声が響く。ああ、ステファニーの義兄ソールね…でも、なんて冷たい目なの。

内容(「MARC」データベースより)
幼い頃養女に出されたキャンディス・ヒュームは不幸な子供時代を過ごし愛情に飢えた生活を送ってきた。ふとしたことから知った父違いの妹をたずねていった彼女を射ぬいたのは、妹ステファニーの義兄ソールの冷酷な視線だった。

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース
ロマンスの蝶番> <三国志・西遊記

ooo山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo IIS設定備忘録ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo よい街、品川ooo 新鮮 魚料理を食すooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉市のプール一覧ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 渋谷ぶらりooo おいしいくだものメニューooo ビバ!プリプレスooo 和菓子de千葉はんなりooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo 天国的お魚の道@千葉ooo